日本の布団の種類について

日本では、畳の上に敷いて用いるのが伝統であったが、現代ではベッドの上に直接敷いたり、マットレスの上に敷く場合もある。布団は、寝る際に、体温が下がらないように保温し、体重が一点に集中して、痛くなることがないようにする効果がある。使用される素材としては、綿や化学繊維、羽毛や羊毛が用いられる。同じ材質であれば一般的に厚みのある方が保温効果が高いが、厚すぎると重くて圧迫されたり、姿勢が曲がったりする弊害もでる。

寒い季節には、「肌布団」という直接肌にかける軽いものを併用する場合もある。逆に、暑い季節は厚いものでは暑すぎで寝苦しくなる事が多いので、暑さを和らげるために薄いものを使うか、代わりにタオルケットを用いることがある。また、中間期では、通常よりも少し薄手の「合い掛け布団」を用いることがある。通常、そのまま用いずにカバーで包んで使われることが多く、様々な柄や色、キャラクターものまで種類が多く使用する人の好みにより選ぶことができる。畳に敷いた場合は、毎日、就寝の前に敷き広げ、起床ののち折り畳んで収納することが慣習化されている。こうすることで、部屋を広く使うことができると同時に、部屋にほこりが溜まることを防ぐことができる。畳まずに敷いたままであることを、万年床という。万年床は不精で不潔なことの代名詞になっている。

また、布団には睡眠中に人間から排出される汗により水分がかなりたまる。そのため、時々、天気の良い日に戸外に干す必要があり、このとき、物干し竿から風などで落ちないように「布団ばさみ」を使って抑えておく。布団は長く使用していると、ダニが発生することが多い。これは特にアトピーや喘息などを持つ人のには深刻な問題である。除去方法として掃除機をかけ、洗濯機で丸洗いが効果的とされている。アレルギーを防止するため、最近では、防ダニ加工や、抗菌加工が施されたアレルギー対策布団も販売されており、詰め物にポリエステル、布にポリプロピレンなどが使われる。手入れ方法は最近ではふとんを叩くことは繊維を傷め、ダニを殺す成果もない為、専門家はふとんを叩くことを薦めない。手でやわらかく埃をはたき、上から直接掃除機をかけることが、埃やダニを吸うには効果的であり、もめん綿とポリエステル綿が掃除機をかけて埃とダニの量が1番減ることから最近では羽毛などよりも昔ながらの手作りもめん綿ふとんなどがにわかに売れてきている。

Send a Comment

Your email address will not be published.

*